カテゴリー: 虫歯

Recent Posts
虫歯

痛みのない虫歯

私が虫歯を意識しだしたのは35歳頃でした。その頃は、仕事が忙しく朝は口内洗浄剤でゆすぐ程度で歯磨きは夜のみの生活を送っていました。ふと鏡を見たときに歯に黒い部分が出来ているのを見つけ特に痛みなどはありませんでしたが、歯医者に行くことにしました。歯医者に行き治療を受けてみると見えている部分だけでなく奥歯にも数か所程虫歯が出来ているようでしばらくは歯医者通いが続きました。奥歯にできていた虫歯は結構大きかったようでかなり削ることになりました。全体での虫歯の本数は6ヶ所程だったようです。虫歯ができた原因については朝に歯を磨かなかった事ではないかと言われました。起床後と就寝前は必ず磨くようにと指摘も受けました。虫歯をすべて治療した後は朝夜と歯磨きをするように意識し歯ブラシも電動歯ブラシに変えてブラッシングしています。その後も歯医者にも行き検診を受けましたがブラッシングのおかげか特に問題はありませんでした。

虫歯

虫歯になった親知らず

 私が30歳になった頃、左上の奥の歯に痛みを感じたので歯医者に行くと親知らずがC3の虫歯になっていました。
親知らずなので、抜歯しても問題がないどころかむしろ抜歯した方が良いとの事でその場ですぐ抜歯の処置が始まりました。

抜歯と聞いて、時間はかかるし痛いだろうと子どもの頃の記憶が蘇り処置台の上で変な汗をかいていましたが、歯科医は最初に親知らずを斜めに掴みまるで釘を抜くかのように斜めに生えていた親知らずをスルンっと抜きました。
時間にして3分程度でした。
ですが、親知らずの隣にあった奥歯にも虫歯菌が付着しておりC1に進行していました。
その場で奥歯も治療をしてもらいましたが、親知らずがあると奥歯の歯磨きが不十分になるのだと身をもって学びました。

現在では奥歯用の歯ブラシと電動歯ブラシの2本を使って歯磨きをしています。
磨き残しがないか口腔内用ミラーで確認をするようになりました。

親知らずは短期集中で抜歯する事をオススメしますが、先に下の親知らずから抜歯した方が恐怖心は最初だけです。

虫歯

前歯が虫歯になり部分入れ歯

私が35歳の時ですから今から約4年前になりますが前歯2本が虫歯になってしまいました。始めは前歯1本だけで治療せずにそのままにしていたらその隣の前歯も同じように虫歯になって2本とも抜歯になってしまいました。抜歯した前歯はブリッジにより部分入れ歯になりました。虫歯になった理由は歯みがきがうまくできてなかったこと、定期的に歯科検診を受診しなかった、正確な歯のブラッシング方法を理解していなかったからです。それから虫歯にならないように気をつけていることはまずかかりつけの歯医者へ3ヶ月に1度必ず定期検診を受けています。そこで歯のブラッシングがきちんと出来ているかと新たに虫歯が出来ていないか、歯茎の状態が正常かを見てもらってます。さらに半年に1度はたまった歯石を取り除いてもらってます。あと毎日行っているのは歯みがきだけでなく歯間ブラシを使いまして入念に歯と歯の間の隙間をブラッシングして虫歯にならないように努力しています。

虫歯

ひどくなる前に歯のメンテナンスを

私は小さい頃から、歯医者嫌いで、基本的によっぽどの痛みがない限り歯医者に行くことはしませんでした。
しかし24歳の頃、歯の痛みはありませんでしたが、久しぶりに見てもらおうと、思い切って約5年ぶりに歯医者に行きました。
すると、まさかの10本も虫歯があるということでした。幸いのことに、神経まで侵食されている虫歯はなかったので、歯を抜いたりする必要はなく削って詰めるという治療ですみました。また主に奥歯に虫歯が多く、歯磨きが行き届いていないと指摘されました。数回の治療に通い、虫歯は治りましたが、もう少し放っておくと、神経がやられていたとのことでした。
これまではドラッグストアなどに売られている、1番安い歯磨き粉を使っていましたが、先生におすすめされた、虫歯・歯周病予防に効果のある、2000円ほどの歯磨き粉に変え、一回の歯磨きに最低10分はかけるような生活に変えました。
虫歯ができる前に定期的なメンテナンスが必要であるということを実感し、それ以降は3ヶ月に一回のペースで歯医者に通うようになりました。

虫歯

歯科治療

現在、私が歯医者に通ってます。前歯の横あたりに少し虫歯が出来てしまってたのを、歯科治療が苦手な私は歯医者行きたくないなとか思いながら放置してしまってました。すると隣の歯にも虫歯がうつってしまい、これはマズイと思い通院を決めました。最初は口の中の状態をみてもらい、この機会に悪い所は全て治してもらうつもりで行ったのでチェックしてもらうと歯石をまず取りましょうとの事で歯の掃除をしていただきました。普段ちゃんと歯を磨いてるつもりでも歯石や着色は取り切れないのでピカピカになり気持ちよかったです。それから虫歯の治療に入りました。麻酔をかけ削られている間やっぱり歯医者さんは苦手だなと思ったものの先生が上手だったのもあり苦痛なく詰めるまで完了しました。そして奥歯に銀歯を被せてある歯に少し穴が開いてる事もわかり今は奥歯の治療を始めました。銀歯を外し型を取ってもらい今は出来上がるのを待っている所です。虫歯になったのは良くないですが歯石などを放置してしまうと歯周病になったりもするので行って良かったです。

虫歯

大人になっても乳歯があった

虫歯検診に28歳の時に行ったときに上の八重歯が虫歯になってしまっていて、診察を受けているとその八重歯が両方乳歯だった事を始めて聞かされました。その歯はとても強くて今まで生えていてくれたそうです。それまでは良かったのですが、乳歯が虫歯で抜け落ちてしまうともうこの後に永久歯が生えて来ないそうでこの歯がダメにならないように手入れをちゃんとするようにとの指導をされました。今回の八重歯の虫歯はひどくて神経を抜くか抜かないかで先生は悩んでいましたが、乳歯でさえ弱い歯なのに神経を抜いてしまうともっと歯が弱くなってしまうので神経は抜かずに膿とりと虫歯を削って白い詰め物を所々するという治療になりました。ズクンズクンと波打つような痛みが消えて4回ほど通って治りました。この歯が虫歯になったのは磨き残しから来るもので、八重歯の周りは歯垢がたまっていたそうです。定期的に歯石落としをすると虫歯になりにくいらしくて、その時から定期的に通っています。

虫歯

予想外、あとからの痛みが…

20代前半のころです。結婚が決まったのですが、当時私は、前歯に虫歯があったんです。
前から「少し黒いな」とは思っていたんですが治療をしていなかったら、どんどん大きくなってしまいました。
そのため、歯医者さんが大の苦手でしたが、結婚の直前に治療をしたんです。

そして結婚式翌日。
昼ご飯を食べていたら、急に「顔全体」が痛み出したんです。のたうちまわって痛がりました。

あとから分かったことですが、治療の際に少し神経に傷がついてしまっていて、そのまま治療をしてふさいでしまったことにより中が化膿し、副鼻腔炎になっていたんです。
顔の筋肉が膿でいっぱいになっていると耳鼻科で言われました。あんなに痛い思いは経験がありませんでした。結婚式当日に痛まなくて本当に良かったです。

治療には何か月もかかりました。
神経に傷をつけてしまったのは歯医者さんではありますが、そもそも、麻酔をしなければならないくらいの虫歯にしてしまったのは放置した私。
それ以降、歯磨きは丁寧にし、まめに歯医者さんに行くよう心がけています。

虫歯

やっぱり歯磨きだけではダメなようです

私が14歳の時に治療した虫歯があります。右側の下、奥から2番目の歯で、根幹治療が必要なほどの虫歯になっていました。根っこの治療は痛いだけでなく、何度にもわたる通院が必要で、当時部活や受験で忙しかった私にはつらい体験だったのを覚えています。二度とこんな目に遭いたくない、とその時からずっと歯医者さんで教えてもらった正しい歯磨きの方法を守っています。それ以来問題はなかったのですが、虫歯ってできてしまうものなのですね。最近歯科検診してないな、と昨年です。急に思い立ち久しぶりに歯医者さんに行ったところ、以前治療した虫歯の詰め物の下が虫歯になっていたのです。しかも、3本全部。こまめな検診を怠り、医師によるクリーニングもしていなかったからでしょうか。やはり歯磨きだけではだめなのですね。最近では、白い詰め物も保険がきくため、銀歯がなくなってよかった、とは思いましたが、やはり歯科治療は苦手です。
これからは正しい歯磨きに加え、定期的に歯医者さんに行って検診やクリーニングを受けようと思います。

虫歯

虫歯予防には歯間ブラシも必要です

私が高校生のとき、親知らずが虫歯になり治療しました。小さいころから朝晩歯はしっかり磨いていたので小学生のころは虫歯もなくきれいな歯でした。しかし親知らずのある奥まできちんと磨けていなかったのでしょう。とうとう親知らずがズキズキ痛みはじめ虫歯になってしまいました。上下4本しっかり生えていた親知らずのうち2本が虫歯になっていたので、親知らずは特に必要な歯ではないため4本すべて抜くことにしました。そうすれば今後親知らずが虫歯になることもありません。また治療の時に歯の磨き方を先生に指導してもらい、奥まで磨くことも大事だけれど歯の間の歯垢をしっかり取り除くことも虫歯予防になると教えてもらい、歯間ブラシを使うことをすすめられました。それ以来必ず歯間ブラシを使って歯の間の汚れを取った後に歯磨きをするようにしています。歯間ブラシと歯磨きを合わせてやることで虫歯も予防できており歯医者さんにお世話になることはなくなりました。

虫歯

寝る前には必ず歯を磨きましょう。分かっていたはずなのに。

私が中学生の時、奥歯全部と上の前歯が虫歯になりました。高校受験を控えていたので、特に週末は夜遅くまで勉強していました。そうするとお腹が空くのでラーメンなど夜食を食べ、そのまま寝てしまうことが多々ありました。そのうち歯が痛くなり、歯医者さんで診てもらうと沢山の虫歯が見つかりました。これだけあると何回も通わなければ治らないと言われてショックでした。幸い歯医者は中学校から近いので、帰りに自分で行くことができました。治療で削るとき、この歯医者では笑気ガスが導入されており、今思うと酔ったようなフワフワした気分になりました。麻酔注射の痛みも、治療の痛みも感じなかったのです。この凄さは、この歯医者が廃業してしまって他の歯医者で笑気ガスなしで治療したとき実感しました。普通は凄く痛いんですね。でも新しい病院では虫歯予防に力を入れていて、歯を磨いて寝ることはもちろんですが、デンタルフロスを使うように指導されました。磨いた後なのに沢山食べかすが出るのはビックリです。あれから虫歯になったことはありません。