虫歯

親不知の抜歯から虫歯にならないよう気をつけるようになった

20代半ばに、奥歯が腫れや痛みが続き、久々の歯医者の診断で、親不知の炎症と親不知に接する奥歯ほとんどが虫歯になっていました。上下左右4本の親不知が手術での抜糸になり、かなり時間がかかったのですが、その間幸い虫歯が痛むことなく、治療が出来ました。とにかく削る時に神経に響くのが嫌だったので、それを和らげてくれる歯医者を選びました。同じ頃、知人や家族が神経を取るほどひどい虫歯になっており、そういう姿を見ると苦手な歯医者でもきちんと最後まで通えました。虫歯の原因としては、やはり磨き残しで、歯並びはいい方ですが、どうしても届きにくいところや歯間が狭まっている箇所がありました。歯ブラシを毛先の細いものや奥歯に届きやすいものに変え、デンタルフロスを使用するようにしました。現在は、歯石除去に数ヶ月に一度行くようにして、同時に虫歯チェックもしてもらうようにしています。おかげで虫歯も出来にくくなり、気持ちよく歯医者に通えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *