月別: 2017年6月

Recent Posts
虫歯

虫歯キッズ

私は幼い頃しょっちゅう虫歯を作っていました。
というのも、甘いものが大好きで毎日のように食べているくせに、ものぐさだったため歯をあまり磨かなかったのです。
今思えばなぜあんなに歯磨きが面倒くさかったのかわかりません。お陰で私の子供の歯のいくつかは歯医者さんに抜いて貰うことになりました。
そんなある日、あまりに何度もくる私に、歯医者さんも愛想を尽かしたのでしょう、 当時も変わらずお忙しかったはずなのに、わざわざ私のために歯の磨き方をレクチャーしてくれました。
お恥ずかしながら、当時私が幼稚園生ではなく小学生だったときです。
その時の先生の教え方がそれはもうわかりやすくて、歯は表面だけでなく、歯と歯茎の間を磨くんだよ、と丁寧に教えてくださったのは今でもよく覚えています、ら
それから私は歯をよく磨くようになりました。大人の歯が多くなってきて、これ以上虫歯になっても抜くことが出来ないことに危機感があったのも事実です。
こうして私は虫歯キッズを卒業しました。

虫歯

気を付けるべきものを確認すべき

長男が産まれました。初めての子供と言う事で身内にはとても可愛がられました。
3歳の頃になると、歯も大部揃ってきて、「そろそろ歯磨きやらなきゃね~」と思った時にはすでに、前歯の付け根が虫歯になっていました。
歯医者さんで指導を受け、毎日と言っていいほど飲んでいたジュースが原因だったようです。特にヤクルトやカルピスなど、乳酸菌の入ったものらしいです。一番大きかったのは、歯磨きを始める時期が遅かった事だったようです。
次男が産まれ、歯が生えてきて直ぐ歯磨きを始めました。小学生になった今でも、気を付けていてもやはり長男が虫歯になりやすいです。
毎日フッ素入り歯磨きを電動歯ブラシでして、糸ようじをしています。

虫歯

虫歯は痛すぎる~?

次女が中1の頃に虫歯になりました。
小学校の頃は虫歯が1本もなく、学校で1番歯がきれいだと言われていました。
でも中学校に行って仕上げ磨きもしなくなっていたので‥(たまにのチェックも嫌がるのでしていませんでした。)
歯科検診で虫歯があると、学校から検診用の紙を持って帰ってきました。
半年に1回は、定期検診に行っていたにもかかわらず
大きな虫歯ができていました。
しかも永久歯が虫歯になっていて、神経をとらなくてはいけなくなりました。
私は歯科衛生士なのでとてもショックでした。
神経をとるとどうしても歯が弱くなるので、これからまだ何年も使わなくてはいけないので、これからは大事にしてほしいと思いました。
それから次女は、一生懸命歯を磨いています。
虫歯は、冷たいものがしみたり甘いものがしみてからではかなり大きくなってしまっているので、少しでも気になれば歯科医院に行くことをおすすめします。
そしてやはり、1年に1、2回は定期的な検診をおすすめします。