月: 2017年3月

Recent Posts
虫歯

虫歯になった親知らず

 私が30歳になった頃、左上の奥の歯に痛みを感じたので歯医者に行くと親知らずがC3の虫歯になっていました。
親知らずなので、抜歯しても問題がないどころかむしろ抜歯した方が良いとの事でその場ですぐ抜歯の処置が始まりました。

抜歯と聞いて、時間はかかるし痛いだろうと子どもの頃の記憶が蘇り処置台の上で変な汗をかいていましたが、歯科医は最初に親知らずを斜めに掴みまるで釘を抜くかのように斜めに生えていた親知らずをスルンっと抜きました。
時間にして3分程度でした。
ですが、親知らずの隣にあった奥歯にも虫歯菌が付着しておりC1に進行していました。
その場で奥歯も治療をしてもらいましたが、親知らずがあると奥歯の歯磨きが不十分になるのだと身をもって学びました。

現在では奥歯用の歯ブラシと電動歯ブラシの2本を使って歯磨きをしています。
磨き残しがないか口腔内用ミラーで確認をするようになりました。

親知らずは短期集中で抜歯する事をオススメしますが、先に下の親知らずから抜歯した方が恐怖心は最初だけです。

虫歯

前歯が虫歯になり部分入れ歯

私が35歳の時ですから今から約4年前になりますが前歯2本が虫歯になってしまいました。始めは前歯1本だけで治療せずにそのままにしていたらその隣の前歯も同じように虫歯になって2本とも抜歯になってしまいました。抜歯した前歯はブリッジにより部分入れ歯になりました。虫歯になった理由は歯みがきがうまくできてなかったこと、定期的に歯科検診を受診しなかった、正確な歯のブラッシング方法を理解していなかったからです。それから虫歯にならないように気をつけていることはまずかかりつけの歯医者へ3ヶ月に1度必ず定期検診を受けています。そこで歯のブラッシングがきちんと出来ているかと新たに虫歯が出来ていないか、歯茎の状態が正常かを見てもらってます。さらに半年に1度はたまった歯石を取り除いてもらってます。あと毎日行っているのは歯みがきだけでなく歯間ブラシを使いまして入念に歯と歯の間の隙間をブラッシングして虫歯にならないように努力しています。