月: 2016年12月

Recent Posts
虫歯

寝る前には必ず歯を磨きましょう。分かっていたはずなのに。

私が中学生の時、奥歯全部と上の前歯が虫歯になりました。高校受験を控えていたので、特に週末は夜遅くまで勉強していました。そうするとお腹が空くのでラーメンなど夜食を食べ、そのまま寝てしまうことが多々ありました。そのうち歯が痛くなり、歯医者さんで診てもらうと沢山の虫歯が見つかりました。これだけあると何回も通わなければ治らないと言われてショックでした。幸い歯医者は中学校から近いので、帰りに自分で行くことができました。治療で削るとき、この歯医者では笑気ガスが導入されており、今思うと酔ったようなフワフワした気分になりました。麻酔注射の痛みも、治療の痛みも感じなかったのです。この凄さは、この歯医者が廃業してしまって他の歯医者で笑気ガスなしで治療したとき実感しました。普通は凄く痛いんですね。でも新しい病院では虫歯予防に力を入れていて、歯を磨いて寝ることはもちろんですが、デンタルフロスを使うように指導されました。磨いた後なのに沢山食べかすが出るのはビックリです。あれから虫歯になったことはありません。

虫歯

前歯は大切にしましょう!

私が虫歯になったのは上の前歯です。丁度2、3ヶ月前です。
何故なったのかは、現在20代の頃に前歯3本を転んで折ってしまい、差し歯にしました。20年ほど経ち、歯科医からそろそろこの3本の歯の新しい差し歯に代えて、歯の根のところもレントゲンでみると膿がたまっているので一緒に治療したほうがいいとのことでした。
とは言っても保険を使わなければ、1本85,000円。3本なので255,000円、プラス消費税。歯を折ってしまった時は結婚前だったし、親の勧めもあり、この値段を払いました。しかし、今は40代後半だし、保険内でもいいかなと思いましたが、見た目、歯の持ちなどやはり保険外の歯の方が良いということで、そうすることにしました。
しかし、その差し歯の治療中、歯磨きがたりなかったのか、差し歯のすぐ横の前歯の端が虫歯になりました。幸い、医師が見つけてくれ、少し削り、表面を詰めて事なきを得ました。
その歯も虫歯になって、また差し歯なんてたまりません。それからというものの歯の隙間も丁寧にせっせと磨いている毎日です。

虫歯

強烈に記憶に残る小さい時からの虫歯。

私は幼稚園に入る前の4歳くらいの時には、既に前歯や奥歯が数本、虫歯になっていました。
痛くて、泣きながら母親に手を引かれながら、何度も歯医者に連れていかれた記憶があります。
前歯は、虫歯の進行止めの薬を塗られ、真っ黒になっていました。溶けた歯の表面がざらざらしていたことも良く憶えています。
小さ過ぎる思い出で、その時はあまり意識していなかったですが、女の子で歯が黒いなんて、かなり恥ずかしい顔をしていたなと思います。
何故そんなに虫歯が多かったのか、母親に話を聞くと、私はご飯の途中でよく寝てしまう子だったそうです。そのたびに母親が無理やり起こしたり、口の中に入っているご飯をかき出していたそうなのですが、あまりに繰り返すために途中で諦めたと言われました。
小学校に上がり、徐々に生え変わる頃は、散々痛い思いをしたので、もうそうならないようにと気を付けるようになりましたが、特に夜の歯磨きは長めにするようにしました。